おむつ支給券の申請でわかった真実

今日は義父のおむつを買いに行ってきました。

昨日お話ししましたが、
義父が認知症と診断されて5年目。
今年は要介護2から3になりました。

1人で外出することが出来ません。
数メートル歩くのがやっとです。

認知症の介護で大変な徘徊はないと思ってましたが
先日ご近所さんへ義母がいなくなったと
1人で何件も尋ねたそうです。
油断できないですね。

話しを元に戻しますが
介護用のおむつはありがたいことに
市からおむつ券が支給されます。

3000円と消費税分です。
実際は足りてないので、
私達が負担しなければなりません。

その申請時に重大な事に気がついたのです。
それは、市民税非課税世帯だと
5000円支給してもらえるのです。

おかしいですよね?
国民年金だけで、生活しなければ
ならなくなったのに税金払ってるなんて。

その理由がわかったのは、すぐにでした。
続きはまた明日書かせて下さい。スポンサーリンク


おむつ支給券の申請でわかった真実 (続き)

おむつの支給券を市に申請した話しの続きです。

国民年金のみで生活しなくては
ならなくなった両親。

市民税は払ってないはずで
間違いなく非課税世帯のはずなのに。
どうして課税になっていたのか?

市民税が非課税世帯だと
色んなメリットがありますよね。

最近、支給されるようになった
臨時給付金ももらえるのです。

だから、市民税の非課税と課税大きいのです。
ちなみに、おむつの支給券だけで年間24000円。

課税されていた理由は、
主人に確認したらすぐわかりました。

10年以上前に突然、家出した義兄の
住民票が変更されてなかったのです。

義兄と義父母は元々仲が悪かったそうです。
婿に行きたいって言った義兄を
長男だからと認めなかったと聞きました。

頑固な義父が聞く耳をもたなかったようです。

そんな理由で、義兄はそれからアパートを借り
携帯電話を留守電にし、
親子絶縁という選択をしたのです。

そして、後から聞いた話しですが
5年前に義母は留守番電話に
生活が困っていると
何度も吹き込んでいたようで

義父は第三者に頼み、
帰ってきて自分たちの面倒を見て欲しいと
伝えたそうです。

そして、返ってきた答えは
実家に戻るつもりもないし
今更、助けられないと。

私はそれを聞いて、
不思議と義兄の気持ちがやっとわかりました。

いままで、
親らしい事をされてなかったのでしょう。
家出した義兄を探そうともしなかったのですから。
義兄は義父母と離れて正解だったと思います。

親の援助と介護を独身の息子1人で
背負うことになるのですから。

私が義兄の立場だったら、悩んだことでしょう。


それから、間もなく次男夫婦の私達に援助の
お願いがありました。
終わりが見えない、老後支援が始まりました。

そして母が、少しずつ主人に依存しはじめたのです。




スポンサーリンク


老後破産を知った日のこと ①

5年前の話しです。

少しずつお話し出来たらと思います。

義父から主人を通して
「車検代がないので、お金を貸して欲しい」と
言われました。

心配になった私は

主人に、明日義父から通帳を借りて
来て欲しいと頼みました。

数年前から
「お金を貸して」と言われて、時々貸していたので
主人の実家がお金に困っている
ことは知っておりました。

義父に、家計の相談されたことがあり、
最後に通帳を確認したのは、その10カ月前。

郵便局の保険が満期になって
200万の入金があった時です。

そのお金は特別出費として
なるべく手をつけない様に生活してねと
主人と義父に、話してたはず。

その時に、家計の収支を聞いて
紙に書き、支出の見直しをお願いしてます。

確か、収入と支出が30万弱で
プラスマイナスのゼロ、
今後節約すれば貯金も出来るはずでした。

仕事もしていたので
お金を下さなくても生活出来るはずなのに。

次の日、私は通帳を確認しました。


残高を見て愕然としたのです。




スポンサーリンク


老後破産を知った日のこと ②

通帳を見たら

その金額は 10万円を切ってました。


義父は10カ月で、保険の満期金200万を使いきってたのです。
それも毎月きちんと20万ずつ引き出されて。

主人も私も途方にくれました。
車検代もないのです。

車検は予約をしていたので、
10万円を渡しました。

そしてその日から、
夫婦で老後破産の原因を調べることにしました。


淡々と書いておりますが、

その時の私は
パート先の配置転換や、
子供の役員行事、父が倒れたりして
パンク寸前だったようです。


( 読みにくくてすみません。後で文章を修正させて下さい )
スポンサーリンク


老後破産を知った日のこと ③


貯金を使い切った、老後破産の原因を調べるには

義父に聞くのが手っ取り早かったのですが、

主人が聞いても「わからないな」の一点ばりです。


義母は義父より、財布の中が、なくなると1万円ずつ

貰っていて、家計は義父におまかせでした。


嫁の私はさすがに尋問のようで、聞きにくく、

頼りは通帳しかありません。


主人がもう一冊の通帳を持って帰ってきました。


その通帳は義父の仕事用の通帳です。

義父は企業2件から、下請けという形で

仕事を貰っていました、


その通帳の残高は見事に、0円。



そしてよく見ると、1年前まで

月20万以上あった企業からの入金が徐々に減り

7.8万の入金になっていってたのです。


つまり、仕事がなくなってきていたのです。

2件のうち1件は ここ数ヶ月入金なしです。


最初は不景気のせいと思いました。


後で分かったのですが、

義父は仕事でミスを繰り返して

信用を失っていたようです。


それを言えなかったんですね。

義母も気付いてたと思います。


その収入が減った分は13万として

20万下ろしてた、残りの不明金は7万円以上。


通帳を見ただけで、何となくわかりました。

電気代2万円、電話代7000円前後、ネット回線でなく。


この2点たけでも

とても2人暮らしの光熱費にしては高いですよね。


それから、出るわ出るわ

無駄な領収書が見つかっていくのです。


そして、私達夫婦で、解約の手続きをしました。


次は その内訳を説明させて下さい。


スポンサーリンク


老後破産の原因と家計の見直し ①

貯金を使い果たした原因の1つは

義父の仕事の収入減でした。


発覚後、残念ながら半年位たった時には

仕事は全く無くなったそうです。

この家計の見直しの半年後になります。


収入はわずかの国民年金だけ。


( この少ない国民年金の話しも、また説明させて下さい)



最悪の状況でした。





その事を主人も義父も私には教えてくれず。

呆れてしまいましたが、

今になって思うと体調を崩していた

私への配慮だったかも知れません。


数ヶ月後に教えてくれたのは義母でした。

教えてくれたというより、

義母が今後の自分達の生活を心配をしての報告だったのです。





話がそれてしまいましたが、

貯蓄が底をついた、2つ目の原因は浪費でした。

月、30万弱の支出と聞いてましたが


実際は40万以上使っていたようです。

その内訳を 義母の話と、通帳と、領収書からピックアップして

箇条書きにしていきました。


そして、1つ1つ、両親を説得し見直したのです。


なるべく、主人を通して話しをしてもらいました。



自分の両親だったら、泣きながら責めたていたと思います。




スポンサーリンク


老後破産の原因と家計の見直し ②

老後破産の原因になった、2つ目の浪費ですが、

見直しした支出だけ書かさせて頂きます。


5年前のことで、

細かい金額を覚えておかず、

おおよその金額になります。


1、家出した義兄に掛けられていた民間の生命保険 月 18,000円

金額より、20才位から30年近くかけていることに
驚きました。お宝保険かと思いきや
セールスレディの勧めで、
養老保険 → 定期付終身保険へ書き換えしてあり
残念ながら、保険会社は破綻していた会社でした。

支払いした総額は 600万近く。
解約して受け取った金額は 150万位。

義兄が亡くなったら生活が困ると思つて
入っていたような保険でした。


死亡保障が、2000万円
入院保障が、5000円でした。


そして、主人にも掛けられていました。



2、次男の主人に掛けられていた、郵便局の終身保険 月 20,000円

死亡保障は300万、入院特約あり
掛け始めが数年前でしたので、
もちろん、元本割れしてしまいましたか解約。



3、義母に掛けられていた外資系の掛け捨て保険 月8,000円

死亡保障 300万、3年後保険終了
入院保障 2500円位

自動更新してあり、
保障金額が下がってたりして
ギャンブルのような保険内容でした。

3年以内に死なないと300万円がもらえないなんて。

義母は入院するかもしれないからと
解約を拒みましたが、主人が説得。

それから3年間、入院も死亡もしてないから
30万近く、払わなくて済みました。

掛け捨てでしたが、何千円か気持ち程度の
解約金がありました。

掛け捨て保険って、
安いイメージがありましたが
この保険は安くなかったです。

母の年齢のせいかもしれませんが。


支払い総額は更新があったので

はっきりわかりませんが

20年以上は掛けられていたと思います

総額、およそ250万位でしょうか?

貯金していた方が良かったのは

間違いないてすよね。



月額 生命保険だけで、総額 46,000円支払ってました。


両親たちは 保険内容も詳しくわかってなかったようですが

子供にこんな保険を掛けるなんて。


貯蓄性の保険だったら呆れませんでしたが。


親が掛けている保険を細かく

聞く機会なんてないですよね。

要注意だと思いました。

保険の支払いは義母の通帳から引き落としされて

いたので、発覚が遅れたのです。



まだまだ、他にも頭が痛くなった支出があります。

すべて貯金をしていたら

老後破綻しなかったでしょう。




スポンサーリンク


老後破産の原因と家計の見直し ③

今日は台風のせいで気圧が悪いですね。

40才を過ぎた頃から、

天候に左右されるようになりました。

朝起きて、体が痛い日は雨が降ってます。

うん、分かる分かるって思ってくれた方

多いでしょうか?


午前中は特に辛いですよね。

改善方法が有りましたら、

教えて頂きたいです。



タイトルの話しになりますが、

老後破産した義父は

生命保険の他に、傷害保険にも加入してました。


1、 仕事中に怪我をした際に、保険金が下りる 障害保険 月 4,500円


銀行の勧めで加入したようですが
定期的に届く、案内の詳細を見てビックリ。

通院とかは出なくて、体の手や指、足などの
切断とか、死亡に10万位〜でるような掛け捨て保険。

証券も見当たらず、
呆れて殆ど読まずに解約しました。

どうして高いのか不思議だったのですが
どうも従業員に掛ける保険のようでした。

色々な保険があるんですね。
正式名は傷害保険ですね。

義父、保険に入ってたことも覚えなし。

何十年、引き落としされてたのでしょうか?

従業員を雇ってきたのは 35年以上前と聞きました。

ざっと190万位、掛け捨てしていたのでしょうか?

解約金は0円。

言葉もありません。

もっとひどかったのはこれです。



2、 ガソリンスタンドの洗車会員 月 5,250円。


月に何回も洗車出来る会員です。

スタンドの店員さんが、遠い親戚で 断れず、

人の良い義理父、勧められるままに。

商用車の古いバンに乗っていたのですが

まめに洗車してたとは思えません。

あと、ガソリンにいれる液とか買わされてたようです。

水抜き剤かな?

自宅に届く請求書で発覚。


いつから洗車会員に入っていたのでしょうか?

年間6万を何十年払ってたかは不明です。

もちろん、電話ですぐに解約しました。

少なくても、総額180万以上です。


この2つで月、約10,000円の節約です。

ガソリンスタンドへの支払いは主人も初耳で、

呆れてました。


車の洗車って手洗いか、

安いコイン洗車ですよね。


と言って、我が家の車は2台とも、まめに洗車してません。汗

節約というより、面倒だから?苦笑





スポンサーリンク


テーマ : 節約
ジャンル : ライフ

老後破産の原因と家計の見直し ④

本題の前に‥‥

度々表示される、広告にイライラしてしまい

FC2の有料会員に、加入してしまいました。

※ 月額324円です。

節約になっておりませんね。

今日のおかず、一品少なくなりました。




さて、本題ですが、

そろそろ、皆さんも読みたくなくなるような、

内容ですよね。

疲れてませんか?


書いてる私も思い出してきて、

途中で止めようかと思ってしまいます。

なので、もういいと思う方はスルーして下さいね。




次の義父の出費には考えさせられました。



1、 家出した長男の為に借りていた駐車場代 月 8,500円


10年前に家出したのに解約しておらず。

事情を聞いたら、シャッター付きなのに

特別価格で、本当は1万円なのを

貸主が、知り合いだったからまけてもらってたんだよと。

特別価格って??

知り合い価格ってことでしょうか。

もっと安い駐車場は探せば沢山あったはず。

ここ、坪単価10万円しない、田舎なのです。


息子が出て行ったことを貸主さんに

知れたくなかったのでしょうか?

それか、帰ってくる日を待っていたのかと思うと

心が痛かったです。


支払い総額は 25年間と計算して

およそ、250万の現金払いをしていました。


途中で解約していたら100万円は払わなくて良かったのに。


その前に、自宅には狭いけど、

車の停めるスペースあるんですけど、

お義父さん。涙




※ fc2の有料会員は正しくは 月額300円 税込みでした。
お詫びいたします。


スポンサーリンク


親が老後破産した1番の被害者は

度々の投稿になってしまい、すみません。


今日、主人と久しぶりに話しをしました。

喧嘩してから、必要以外は話しをしていなかったのです。

子供の前では仲良し夫婦でしたが‥‥。


旦那が帰ってくるなり、様子がいつもと違います。

会社で嫌な事があったのでしょう。


主人は数年前に社長さんが、変わってから

社内での風当たりが強いようです。

前社長さんが主人を可愛がってくれていたせいかと思います。


中小企業なので、転勤や社内移動もなく

人間関係が酷いのかもしれません。


半年に一度は会社を辞めたいと言います。

その時は 私は必ず「何とかなるからいいよ」と

答えることにしてます。


今日はそれに加えて

「俺、転職できないから、生活がかかってるから」と。


主人が転職したら、間違いなく我が家の生活が変わることでしょう。

親への仕送りも出来ないはずです。



すべてを1人で背負っている状況はどんなに辛いのか‥‥?

私は何も言えませんでした。


親が老後破産した

1番の被害者は私でなく主人ですね。


いっそ、私達家族だけで、どこか遠くで住めたらいいのに。




ここに吐き出して、申し訳ないです。

聞いて頂いて、ありがとうございます。



スポンサーリンク


スポンサーリンク
プロフィール

Author:ゆず
ブログへお越し頂いて、ありがとうございます。

親への仕送りがきついのに、パートを辞めてしまいました。再就職出来るまで、節約しないとです。

5年前に、義理の両親が、老後破産した時の事を 思い出して書いております。今は前向きに過ごせるようになりました。

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

参加しています
↓ 良かったら、クリック応援お願いします。
スポンサーリンク
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
LOHACO
楽天
月別アーカイブ
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ランキング