ご報告させて下さい① 介護生活の費用負担


久しぶりのブログ更新です。


前回のブログで、強制終了にしてしまい、

ご心配をお掛けいたしました。



その後、どうなったのかな?と思って、

訪れて来て下さった方、ありがとうございました。


状況が落ち着いたので、ご報告したいと思い

勝手で申し訳ないのですが、聞いて頂きたくてブログを書いてます。



終了宣言をした頃の状況は大変でした。

色々な事が起きて、義母の愚痴を書く自分が

嫌になったのです。

良い嫁を演じていたからだと思います。



ブログを止めてから1カ月近く、

ほぼ毎日色々なことがありました。



ひっきりなしに掛かってくる義母から主人への、SOSの電話。

主人は仕事を抜け出し、

私はパートを2日に1度は休んだり、早退したり。

義父の病院通いは、何件も何日も続きました。

行かない日は様子を見に行ったりで

嫁の私は、毎日が苦痛だったのです。



そして、お恥ずかしいのですが、金銭的にも。


義母へ幾ら渡したことか・・・医者代(1割負担なのに)

介護タクシー代、買い物、色々な請求が来て、

ブログを終了した月は、後から計算したら

10万円は使っていたのです。


なので、限界に来てしまっていたようです。

義母に文句を言おうと宣言したのですが・・・


やっぱり言えませんでした。

情けない嫁です。










ブログ終了からすぐに、義父はベットから起き上がり

転倒。いつもの怪我をして入院しました。


風邪が悪化していたので、点滴で通院していましたが

その時の主治医の先生が、

「大変でしょ? 面倒見切れないんでしょ?」

みたいな事を言われ、不愛想で怖そうな先生でしたが、

「入院させましょうか?」と

今思えば、大した怪我でもなかったのに

一時入院させてれた先生に感謝です。



申し訳ないけど、このまま入院していてくれたらと。



入院してから、数日間は付き添いが必要でした。

何故なら、義父の認知症が進んでしまい

ベットから起き上がり、倒れるのです。

病院にいることもわからないのです。

残念ながら、家族のことも・・・。



その時に、なんでこんなことにって、

日々不満に思っていたことが

義父が入院し、付き添いをしたおかげで、

少しですが、考えが変わったのです。


本当の介護の大変さを知ったのです。


私たちの介護なんかより、もっと大変な方が

相部屋で何人も入院していました。



仕事を持ち、自宅で1人で父親を見ている息子さん。

やっと年金暮らしになれたのに

介護生活が始まって、もう何年も目が離せない娘さん。

と言っても私より年上の方。

親切に介護の仕方や、情報を教えて下さいました。


施設に預けず、自宅介護を頑張ってる方々。



けれど、義母はすぐに退院後の義父の介護を拒否したのです。

義母には持病があり、体調が良くないからと。

仕方がないかと思いますが、

ディサーズやショートステイ、ヘルパーさんを

利用して同じ状況でも介護している方は沢山いるのです。

私も手伝うからと主人を通して話したのですが。



仕方なく、私が自宅に連れて帰り、面倒を見ると

主人を説得しました。

何故なら、転院先にと一番に紹介された

病院の介護施設は月13万掛かるのです。

空きがある施設が、そこしかなかったのです。


あっけなく、主人を始め、周囲の方々に反対されましたが・・・


反対されても、月13万もどうしよう?と考えました。

プラス義母の生活費を負担しないとなのです。



考え始めた当日、私たちの状況を助けてくれる人から

電話がありました。


続きは、明日説明させて下さい。



久しぶりの投稿、読んで頂いてありがとうございます。



スポンサーリンク


ご報告させて下さい② 感動の再会


昨日に続けて、その後を報告させて下さい。


その前に、ブログ村のバナーをクリックして下さった方

ありがとうございました。

ご報告して良かったのか、未だ迷いがありましたので、

嬉しかったです。



こうして報告させていただくことで、

同じ状況の方や、老後を心配している方々に

少しでも参考になれば幸いです。



もっと介護や援助で辛い思いをされている方、

少しでも嫌な思いをさせてしまったら、申し訳ありません。



悪いことばかり続かない・・・

先は見えないけど、良いこともありました。



前置きが長くなりましたが、

月10万円の援助が必要になった我が家・・・

更に、義父の病院代・・・これからどうしよう?と

不安でした。



一番のネックは義理の両親は家を出て行った兄の

収入がある為に、非課税世帯にならず

高額医療の申請をしても、病院代の

医療費月44,400円の負担が必要でした。

年金が少ないので、実際は15,000円ですむのです。




自宅介護でなくなるので、オムツの無料券も使えなくなります。

在宅介護支援金も頂けなくことも知っていました。


食事代等、保険が効かないのもあるので

ざっと計算すると、オムツ代を入れて

他に、一日1,500円も掛かるのですね。



入院出来て喜んだのに、入院説明で手続きをしていると、

私の声のトーンが落ちていきそうでした。


それでも、入院出来て、介護から少しでも離れなれると

思ってましたが、一時的な入院なので、

その病院へは長く入院出来なかったのです。



そんな頃に、主人の携帯に家を出て行った義兄から電話が・・・。


ブログのタイトルの再会とは・・・。












10年ぶりに義兄と連絡が取れたのです。



転んで怪我をした義父の意識がなくなり、

旦那があわてて取った行動は義兄へとっさに電話を掛けたのです。



10年前に家を出て行って、義母が電話をしても電話に

出てくれなかった兄。

義理の両親が面倒を見てくれと言ったばかりに

義兄は帰ってこなくなっていたのです。



義兄の留守番電話に

主人が少し前から義父の状況を説明していたのです。



意識がなくなったことを伝えると、すぐに駆けつけてきた義兄。

久しぶりに再会した兄弟。


私はその瞬間には立ちえなかったのてすが、

10年近くたっていたのかも忘れる程

2人は病院で普通に会話をしていたようです。



義兄は主人に申し訳なかったと言い、

私にはありがとうと何度も言ってくれました。

義兄はその晩、義父に付き添っていました。



感動の親子の再会だったのに・・・

意識を戻した義父は、義兄が誰か分からなくなっていました。

義兄は辛かったと思います。

後悔していたかも知れません。



義兄はすぐに私たちの生活のことを心配してくれたのです。

義兄はほんとうは優しい兄です。

なので、何か帰ってきたくなかった理由があったと思います。



そして、義兄から今後のお金の話しをしようと電話がありました。



しかし、良いことばかりでなくて・・・。


その後、私に困ったことが起きてしまうのです。

良いこともあれば、悪いこともあります。

介護は逃れられないので、前に進むしかないのです。



ここまで読んで頂いて、ありがとうございます。



スポンサーリンク


ご報告させて下さい③ 義理の両親への仕送り額のこと


更新をしたかったのですが、

義父の施設へ行くことと、病院への通院、子供の

行事があり、帰ってくると疲れてしまい、

パソコンに向かう気分になれなかったです。





前回の話しの続きをさせて下さい。

私たち夫婦はいままで、義理の両親へ年間70万~90万位。

(その年によって違いましたが年々増えてました)

生活の援助をしてきました。

ここ最近はその額も増えて来て・・・。

今年は年間100万円になりそうでした。

3月は義父の病院代があり、月に10万円は

使っていたのです。



金銭面は悪かったけれど、良かったことがありました。

主人が少し前から家を離れた、義兄と連絡が取れていたのです。


最初は金銭的な話しはしていなかったのですが、

義母から聞いていたようで、義父の入院後、義兄は両親に会いに

すぐにお金のことを心配してくれたのです。



その翌日には、住んでいるアパートへ住民票を

移してくれました。 これで義理の両親は本来の

非課税世帯になりました。


義父を受け入れてくれる施設を

調べて、何件も足を運んでくれました。


当初13万円より、安い月9万円の病院に併用している

施設に入れることになります。

(非課税世帯になったおかげもあるようです)


病院と併設していても、その病院に通院は出来ず、

最初に入院した病院まで、

50分程掛かっての通院が必要になりました。

自宅からは30~40分位です。



それでも、当初の13万円の施設より安く済んでおります。

今の病院はリハビリ用の施設で、最長3カ月しかいられないようで、

特養老人ホームの予約をしました。

それまで、ショートステイと考えております。



そして、義父の介護申請の再申請をしたら、

要介護3から5になりました。



同時に、主人と義兄は相談をして

仕送り額を今後折半することに。


施設代     9万円(準備品入れて)
オムツ代    1万円(正確には12,500円前後)
義母へ生活費 6万円位  

ざっと合計 16万円必要なので


8万円ずつの負担になりましたが

とりあえず頂いた見舞金もあるので、しばらく7万円で良いと。

義兄がしっかり管理してくれることになりました。



ホッとしたのですが結局、

私たちの仕送り額は減ることはありませんでした。

若干増額です。

しかし、義兄が現れなかったら・・・そう考えると、怖かったです。

義兄に感謝しないと。



そこまでして、両親を支える2人に、

たまに引いてしまっている自分がいます。

生活保護の申請は全く考えてないのです。





その後、困ったことが起きました。

落ち着いたころ、私のパート先に、

義父のことで休暇欠勤願いをすると

仕事が減ったので当分休んで欲しいと、言われてしまうのです。

契約延長してくれたものの、1か月で仕事減です。



〇〇さんは、介護で大変だから、しばらく休んでみてはと

優しく言ってもらっのを覚えています。

会社に甘えて、欠勤、早退を繰り返していたので当たり前でした。


私のパート収入が、仕送り金額とほぼ同額だったために

家計はまたまたピンチになっています。


しかし、前向きに考えているのです。

1年前の自分とは明らかに違います。

また、1からスタートです。 


節約等、頑張っていこうと思ってますので、

良かったら節約方法、介護情報等も報告させて下さい。


お読み頂いて、ありがとうございます。


スポンサーリンク


義理の親に仕送りしてもどうして生活出来ていたのか?考えてみました。


お天気の良い日が続いていますね。

皆さまは体調いかがですか?


こちらは、突然の仕事終了で、少し落ち込みましたが

最近は前向きに過ごしております。


元々、パートは3月までという契約でしたので

一月でも長く働かせてもらって良かったと思う

ことにしました。


雇う側の立場から考えると、

急な欠勤は困るのはあたり前ですよね。



前回の職場の面接の時のことを思い出したのですが、

「小さいお子様はいらっしゃいますか?」ではなく

「介護を必要としているご家族の方はいらっしゃいますか?」

でした。


入社後聞いたのですが、

女性の離職理由が、一番多かったそうです。


勤務条件の良い会社でしたので

早々退職する人が少なく、ある程度の年齢で

介護することになり、辞めるしかなかったようでした。



今月から、義父の病院通いしながら、就活中です。

すぐに決まることはないと思いますので、

しばらく節約をすることに。



節約は大好きなのですが、

いつも成果が出ないのです。

どこかで膨らんでしまい、総支出額が減らないのです。


去年は住宅ローンの繰り上げ返済と、保険の見直し等

大きな固定出費を見直しました。


結局、保険は義理の両親へ仕送りが続けられるため

生活保障を月10万円もらえるように

してしまい、保険料はアップ。

当時、今後が不安になり入ってしまった保険でした。

月7,000円(端数切捨て)です。



これを解約しようと思っています。

もしもの時は義兄がいるので、

私一人で、仕送りを背負うことにならないと思います。

ただ、主人は持病持ちなので、

新しい保険に入りにくいのが気になります。

前回は健康診断書と、医者の診断書で

やっと入れたのです。


それから、主人のお小遣いを

4万円から、3万円へ。 1万円減です。

高い理由は、病院代、アルコール代込みになってます。

持病持ちなので、医者代が2件分かかってます。

夜のビール代は自分で払ってもらってます。


まだまだ、高いと思いますが、

年齢的に多少のお付き合いは避けられないようです。

この話し合いをすると、しばらく険悪になります。


ちなみに、私のお小遣いは5,000円です。

今月から収入がないので、今後減らしたいです。


貧乏な生活をしていないですよね・・・。










どうして、親に仕送りが出来るのか?と考えました。

思い当たることは、教育費(こども費)だと思います。



1つ目は、子供は中学受験をしなかったので

塾代がかかっていません。

親としてはして欲しかったのですが、

本人に全くその気が起きてくれませんでした。



2つ目は、洋服代、自転車などの遊具、学用品など

殆どが、お下がりです。

知り合いの方から頂いており、ありがたいです。

必ず、まとめて気持ち程度で、クオカードや

入学のお祝い金をお礼を兼ねて、渡すようにしています。


お古は男の子だったから、さほど気にならなくて

良かったのかと思います。


大きくなり、洋服を頂けない現在は

ジャージのお下がりと、古着を来てます。

古着はヤフオクで、購入しております。



3つ目は、子どもが一人だったこと。

これは金銭的に以外、良かったこととは思いません。

兄弟は作ってあげることが出来なかったのは

私の病気の事情があったからなのです。




もう一つ仕送りが出来た理由があります。

それは、お恥ずかしいのですが、

去年まで、子どもの名前でしか

貯金をしていなかったからです。



仕送りが始まるまでは

住宅ローンの繰り上げ返済を優先していました。

これは良かったのか分かりません。


今になって、まとまったお金がないと不安になります。

これから、子どもの教育費は避けられないと思います。


高校から、私立高校になるかもしれません。

義母も調子が悪いと言っていますので、ダブル介護に

なるかもしれません。


けど、何とかなる・・・何とかしないとなのです。

義兄と連絡が取れたおかげで、仕送り額が半分となりましたが、


もし、そのまま義父の介護代を負担することになっていたら・・・。


老後破産にならないために。

年金をきちんと収めて、支給してもらってほしいと思ってます。

貯金や他の収入が、あれば大丈夫かと思いますが、

義理の両親のように貯金を使いきり、仕事もなしで、

年金手取り額が、2人で月61,000円だなんてことになりませんように。

身の丈にあった生活を続けていれば、老後は怖くないと思います。



次回は、非課税世帯と、課税世帯の介護代の違いで

分かったことを説明させて下さい。


本日もお読み頂いて、ありがとうございました。


スポンサーリンク


介護のカテゴリに変更させて頂きました。よろしくお願いいたします。


ブログの更新を楽しみにしてくれる人が

いてくれたら嬉しいです。


以前は外出先で、記事を書くことが出来たのですが、

最近はパソコンからなので、時間がある時で

ないと、更新が出来ずに残念です。



ブログ村の登録先の一つを

「親の介護」に、バナーも交換しました。

前は、「貧乏・生活苦のカテゴリー」でしたが、

少しずつですが、貯金が出来るようになりましたので、

変えてみました。



始めて読んで下さった方、ありがとうございます。

そして、よろしくお願いいたします。

簡単ですが、今の状態を説明させて下さい。



ブログを始めた時は、義父の介護より

どちらかというと、義母の病院通いが頻繁でした。

今は義父が病院のリハビリ施設に入院中。

認知症もあり、要介護5です。

我が家の場合は、介護よりお金の問題が大変なのです。



何故なら、夫婦二人の年金額では、生活出来てないからです。

しかし、最近になり義兄と連絡が取れて、

仕送りが折半になりました。


主人は次男なので、元々別居していますが

長男も独身で、別居中なので、

私が長男の嫁状態です。









これから、義母を迎えに行き、義父のいる施設へ

連れて行ってきます。

反対方向なので、迎えに行って送ると、

片道50分かかってしまいます。


今日は遅くなりそうなので、また更新させて下さい。

介護代のこと、話したかったのですが、

今日は出来なくて、申し訳ないです。


お読み頂いて、ありがとうございます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
ブログへお越し頂いて、ありがとうございます。

親への仕送りがきついのに、パートを辞めてしまいました。再就職出来るまで、節約しないとです。

5年前に、義理の両親が、老後破産した時の事を 思い出して書いております。今は前向きに過ごせるようになりました。

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
スポンサーリンク
月別アーカイブ