望んでいた言葉



葬儀も終わり、少し落ち着いた日々を

過ごせるようになりました。


義母は疲れか、体調を崩しておりますが、

私は元気というか、まだ気が張っているようです。



義父が亡くなり、嫁の私が動かなくてならなくなり

どうしよう?と不安になりましたが、

親戚の方々にお手伝い頂いて、

何とか無事に、後は49日法要です。



さて、葬儀中のお金の催促ですが、

義母への郵便局での仕送りの送金が、間に合わずに

主人から手渡しで渡して貰いました。

5万円です。



私はその席から離れていて、台所に居たのですが

義母が直ぐに寄って来て、私に「いつも悪いね、ありがとう」と。


この「ありがとう」と言う言葉は

私が今まで、待ちに待っていた言葉です。


主人からお金を受け取るのが、

当たり前のように思っていたのかと、

義理の両親のことを許せない自分がいました。


今頃、義母に言われるなんて‥


もっと早く聞いていたら、こんなに嫌な自分に

ならなかったのに。


義母はお財布の中が何にもなかったようです。


他にビール、お茶菓子、食事代、お礼品等で

5万円以上私が使っておりましたが

そのお金は義兄が清算してくれました。


義父が亡くなったことで、

バラバラだった家族が少しずつまとまって

来ているような感じがします。


お香典で賄えなかった、葬儀代等ですが、

残りの保険の解約金から支払ったそうです。


ただ、お仏壇とお墓代は足りず、

義兄と主人で払うことになりました。


折半と言ってますが、主人の話しだと

そのお墓とお仏壇には私達が入ることはないそうで

それはおかしいのではないでしょうか。



お墓を維持していく大変さは全く分からないようで。

後から、檀家代等やこれから掛かるお金を

親戚から聞いたり、私から話しています。



そして、恐る恐るこれからの義母の生活を

誰が見るのかと聞いてみると、

義兄と主人が話し合った結果は

仕送りを続け合うでした。



協力しあって、一人暮らしの義母を支えることになります。

月3万円の年金支給なので、

いったい幾ら必要なのでしょうか?

主人は4万円ずつにしたいと言っています。

仕送り8万+年金3万、合計11万で生活してもらうことに。


まだまだ、先の見えない子供たちの援助が続きます。




このブログを読んで頂いている方へ


たまにしか更新しないこのブログを

読んで下さり、ありがとうございます。


私達と同じような状況のような方が

もし、いらっしゃったら

仕送りは参考になさらないで下さいね。


ご家族の生活を守ってほしいと思っております。




スポンサーリンク


スポンサーリンク
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
ブログへお越し頂いて、ありがとうございます。

親への仕送りがきついのに、パートを辞めてしまいました。再就職出来るまで、節約しないとです。

5年前に、義理の両親が、老後破産した時の事を 思い出して書いております。今は前向きに過ごせるようになりました。

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
スポンサーリンク
月別アーカイブ