老後破産の原因と家計の見直し ②

老後破産の原因になった、2つ目の浪費ですが、

見直しした支出だけ書かさせて頂きます。


5年前のことで、

細かい金額を覚えておかず、

おおよその金額になります。


1、家出した義兄に掛けられていた民間の生命保険 月 18,000円

金額より、20才位から30年近くかけていることに
驚きました。お宝保険かと思いきや
セールスレディの勧めで、
養老保険 → 定期付終身保険へ書き換えしてあり
残念ながら、保険会社は破綻していた会社でした。

支払いした総額は 600万近く。
解約して受け取った金額は 150万位。

義兄が亡くなったら生活が困ると思つて
入っていたような保険でした。


死亡保障が、2000万円
入院保障が、5000円でした。


そして、主人にも掛けられていました。



2、次男の主人に掛けられていた、郵便局の終身保険 月 20,000円

死亡保障は300万、入院特約あり
掛け始めが数年前でしたので、
もちろん、元本割れしてしまいましたか解約。



3、義母に掛けられていた外資系の掛け捨て保険 月8,000円

死亡保障 300万、3年後保険終了
入院保障 2500円位

自動更新してあり、
保障金額が下がってたりして
ギャンブルのような保険内容でした。

3年以内に死なないと300万円がもらえないなんて。

義母は入院するかもしれないからと
解約を拒みましたが、主人が説得。

それから3年間、入院も死亡もしてないから
30万近く、払わなくて済みました。

掛け捨てでしたが、何千円か気持ち程度の
解約金がありました。

掛け捨て保険って、
安いイメージがありましたが
この保険は安くなかったです。

母の年齢のせいかもしれませんが。


支払い総額は更新があったので

はっきりわかりませんが

20年以上は掛けられていたと思います

総額、およそ250万位でしょうか?

貯金していた方が良かったのは

間違いないてすよね。



月額 生命保険だけで、総額 46,000円支払ってました。


両親たちは 保険内容も詳しくわかってなかったようですが

子供にこんな保険を掛けるなんて。


貯蓄性の保険だったら呆れませんでしたが。


親が掛けている保険を細かく

聞く機会なんてないですよね。

要注意だと思いました。

保険の支払いは義母の通帳から引き落としされて

いたので、発覚が遅れたのです。



まだまだ、他にも頭が痛くなった支出があります。

すべて貯金をしていたら

老後破綻しなかったでしょう。




スポンサーリンク


スポンサーリンク
プロフィール

Author:ゆず
ブログへお越し頂いて、ありがとうございます。

親への仕送りがきついのに、パートを辞めてしまいました。再就職出来るまで、節約しないとです。

5年前に、義理の両親が、老後破産した時の事を 思い出して書いております。今は前向きに過ごせるようになりました。

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

参加しています
↓ 良かったら、クリック応援お願いします。
スポンサーリンク
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
LOHACO
楽天
月別アーカイブ
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ランキング