義父の車を取り上げたのは、嫁の私です


おはようございます。


朝が苦手なのですが、

今朝は5時に目が覚めてしまいました。


子供が、お弁当の日は不思議と早く起きれます。

旦那が、出掛ける時とは大違いです。(苦笑)


親が、老後破産してから、私達夫婦は

喧嘩することが多くなって、しまいました。

その前は、全く喧嘩しなかったのです。



何で親のことで、夫婦仲が悪くなったんだろう。

失って悲しいのは、お金より夫婦仲かもしれません。

いや、お金でしょうか?!

両方ということで。


喧嘩の原因は些細なことから、色々あり、

例えば、5年前に義父の車の運転を止めて欲しいと

言っても、聞く耳をもってくれなかったり。


しかし、根拠強く言い続けました。



認知症と診断される、寸前まで義父は

車の運転をしていました。


その少し前に事故が、2回続いたのです。

両方とも自損でした。



1回は息子を乗せていた時で、

電信柱にぶつけて、ドアミラーを壊したり、

もう1回は、路肩に落ちたのです。



このことも、もしかして認知症ではないか?と

疑ったきっかけになりました。



この事故の5年位前から、義父は少しずつ

遠出しなくなってきてたようです。



駐車場に上手く車が停められなくなり、

数年前からは、決まった所しか連れて

行かないんだよって、義母が言ってました。


大きな駐車場か、路地でしか駐車しなくなったのです。


我が家に来た時も、駐車場に入れられず

路地に停車したままが、続きました。

その度に、私が動かさないとなのです。



旦那に、車が停められないのは、危ないからって

言っても、年寄りから車を取り上げると

急にボケるらしいよ、って聞いてくれません。


いやいや、もう誰が見てもボケてると思うのに。



丁度その時、近所で義父と同じ位の年齢の方が、

見通しが良い所なのに、人を引いてしまう

悲しい事故があり。


やっと旦那が、俺が運転テストしてくると

言って、行動してくれました。



そして、同乗して帰ってくると

ダメなんだね、運転止めさせるよと、やっと

わかってくれたのです。


左折、右折も確認が遅くて怖いし、

小路でも真っすぐ走れず、危なかったそうです。


そして、これがきっかけになり、認知症の診断も、

受けてくれることになりました。



車は失うってことは、生活が変わる位困ることはわかってます。


しかし、運転を止めさせられるのは

家族でしか出来ないのでは、ないかと思います。



そのあとは、義母に不便だと嫌味を言われましたが、

あの時、免許証を取り上げたことは後悔してません。

命にかかわることですから。



それ以前に、車の車検代も払えなくて、

生活が苦しいのなら、

乗らないで、と思う嫁の私でした。











スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

Author:ゆず
ブログへお越し頂いて、ありがとうございます。

親への仕送りがきついのに、パートを辞めてしまいました。再就職出来るまで、節約しないとです。

5年前に、義理の両親が、老後破産した時の事を 思い出して書いております。今は前向きに過ごせるようになりました。

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

参加しています
↓ 良かったら、クリック応援お願いします。
スポンサーリンク
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
LOHACO
楽天
月別アーカイブ
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ランキング