少なすぎでした。国民年金の受給額。



今日は義理の両親の、国民年金の話しをさせて下さい。



もう少し、早く書きたかったのですが、

年金受給額のお知らせのハガキを

旦那に見せて欲しいと頼んでいたのです。


忘れてはいないと思いますが、

まだ届かず、当時のおおよその金額になります。




どうして、国民年金だけで、

生活出来なかったのでしょう。


金額は聞いて頂ければ、ご理解して頂けると思います。



貯金が底を付いて、破産した当時で、

義父とも、義母とも若干違いましたが

ほぼ似たような金額でした。



その金額は、1人、2カ月分で、66,000円の

受給額だったのです。


健康保険料と
(のちに後期高齢者医療保険料)

介護保険料を引かれた後の振込金額です。



つまり、1月当たりで計算すると受給額は、1人、33,000円。



2人での、生活していくお金が、66,000円 しかなかったのです。



受給額のお知らせを見て、驚いて、

ハガキの問い合わせ先に、電話して聞いてみようと思いました。


未納期間が、あったのではないかと思ったのです。



その前に、


国民年金の仕組みをインターネットで

知ってからと思い、色々調べたら、

原因が、分かりました。






それは、

繰り上げ支給をしていたのです。



当時はまだ、仕事も現役でバリバリ稼いでいたのに

何て事でしょう。


結婚するまで、旦那は実家へ、

月10万円入れていたのにです。




破産当時は、


国民年金 66,000円 (2人分)

仕事収入 70,000円

(翌月には40,000円)

仕送り 50,000円

ーーーーーーーーーーー

合計 186,000円

(翌月は 156,000円)




このお金で、やりくりをしてもらうことになりました。




しかし、半年もしないうちに



仕事収入は無くなり、

月、116,000円で、生活してもらっています。



いや、してもらわなくては、

ならなくなったのです。



しかし、仕送り額と援助は年々増やすしかない 現状です。

実際、色々な物を買って渡しております。




国民年金の受給額が、少なすぎだったのです。

国民年金だけでは、生活出来ません。




義理の両親は、きっと義兄が結婚して、

同居する考えだったのでしょう。



婿に行くのを反対しなければ、

ならない状況だったようです。



子供をあてに生活出来ない時代になっています。

子供は昔程、収入が安定していないのです。

我が家がそうでした。



是非、子供と同居しない、

または、しなくなった時の

生活のプランも考えてみることを

オススメいたします。



何故なら、結婚後に数年で別居する人が沢山います。



私自身も、子供とは別居と考えて

老後のライフプランを立ててます。



不安は少しありますが、身の丈に合った

生活をしていけば、そんなに厳しくないかと思ってます。










※追記

国民年金の受給額は、当時の金額であり

旦那に確認したら、若干下がって、

現在は、65,000円代だそうです。涙







スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

Author:ゆず
ブログへお越し頂いて、ありがとうございます。

親への仕送りがきついのに、パートを辞めてしまいました。再就職出来るまで、節約しないとです。

5年前に、義理の両親が、老後破産した時の事を 思い出して書いております。今は前向きに過ごせるようになりました。

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

参加しています
↓ 良かったら、クリック応援お願いします。
スポンサーリンク
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
LOHACO
楽天
月別アーカイブ
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ランキング