義兄は親へ仕送りしたくても、出来なかった(続き)


昨日は話しの途中で、中断して、失礼しました。

義兄の話しの続きを聞いて下さい。



義兄は、地元で有名な進学校から、

国立大学を卒業しており、

旦那とは違って、エリートコースに

進むべき道を通ってきた人です。



社会人、数年目に転職して、実家に戻り

地元に就職したそうです。


旦那とはだいぶ年が離れており

今は60歳近くなってます。



そんな、旦那のお兄さんの源泉徴収票が

実家へ届いたのです。


正確に言うと、義兄はたまに郵便物を

玄関まで、取りに来ていたのです。


親が、老後破産した、前の年か、その前の年です。




紙を置いていったのは、確定申告で、

両親が、義兄の扶養に入る為だと思いました。


税理士さんへ、渡す前にその紙を見て

しまいました。



旦那が、金額がおかしいよね?と見せたのです。

1番左の金額は、年収だよね?と。



その金額を、旦那も私も見て驚いたのです。


手取りで計算すると




ボーナス無しとして


なんと、




月20〜21万円でした。




国立大学を卒業して、勤続20年以上

50歳すぎの、男の人がです。


学歴って関係ないのですね。



アパート暮らしして、

乗用車に乗って、生活は楽ではないはずです。


なので、両親からの電話に出なかったのでしょうか?


悩んだと思います。



援助したくても、

家に戻ってきたくても、

出来なかったと、思いました。



もし、お義兄さんがこのブログに気が

ついてくれたら、


何て伝えたらいいのか‥‥



両親に会いに来て欲しいです。










それと、お義兄さん


お願いだから、住民票移してー!と思う嫁でした(苦笑)









スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

Author:ゆず
ブログへお越し頂いて、ありがとうございます。

親への仕送りがきついのに、パートを辞めてしまいました。再就職出来るまで、節約しないとです。

5年前に、義理の両親が、老後破産した時の事を 思い出して書いております。今は前向きに過ごせるようになりました。

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

参加しています
↓ 良かったら、クリック応援お願いします。
スポンサーリンク
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
LOHACO
楽天
月別アーカイブ
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ランキング