友人の言葉に救われる 〜 しかし、生活保護の申請を断念することに



先日は、重い内容のブログを読んで頂いて、


ありがとうございました。



また、昨日は更新しなかったのにも関わらず、


ブログ村のバナーをクリックしてくださった方


嬉しかったです。



お金で、不安になったことで、


お金で、買えないものを知ることが出来ました。


それは、人との絆です。



このブログで、応援して下さってる方に


何とお礼を申し上げたら良いか‥‥


愚痴ばかり書いてしまって、恥ずかしいです。



ここで自分をさらけ出して、


本当に救われてます。




5年前、ドン底にいた時にも、助けてくれた友人がいました。


他にも、友人、ママ友は人並みにおりますが、


唯一、彼女には包み隠さず、話しを聞いてもらいました。




義理の親が収入がなくなり、老後破産したこと。


結婚して数ヶ月後、旦那の独身時代の貯金が


すべて、使われていたことを知ったこと。

(また、話す機会が出来たらさせて下さい)


仕送りが、旦那のお給料だけで苦しくなったこと。


その他、今まで我慢してきたことを。




そして、彼女の言った最初の一言は


「 どうしようもない親だね 」でした。




その言葉は、私が思ってて、


旦那にも、誰にも言えなかった言葉だったのです。



それだけで、救われました。


号泣しました。




胸のつかえが取れて、


周りの出来事を許せるようになれたと思います。




そして、彼女が、


義理の両親の、生活保護の申請を勧めてくれました。




偶然、彼女のお姉さんが、私と同じ状況だったのです。


義理の両親とも介護が必要で、片親を施設に入れて、


もっと大変な状況だったそうです。




身近に、破産した親の面倒を見てる人が、


いることを知ります。


自分ばかりでない、私達も頑張ろうと思いました。




お姉さんは、共稼ぎをしていて、余裕があると思っていました。


実際は違ったんですね。



収入は我が家より、沢山あったと思いますが、


お子様達の教育費もあり、


親の生活保護の申請が通ったと思います。










そして、後日、介護保険の申請も教えてもらいます。


のちに、オムツの利用券が貰えるようになりました。





帰ってから旦那に、生活保護の話しをしました。


旦那は家を売らなければ、ならないことに


抵抗したのです。



両親に恥ずかしい思いをさせたくないと。


自分もしたくなかったのでしょう。


仕方ないです。



それなら、同居してもらいましょうと、覚悟を決めたのです。






スポンサーリンク


スポンサーリンク
プロフィール

Author:ゆず
ブログへお越し頂いて、ありがとうございます。

親への仕送りがきついのに、パートを辞めてしまいました。再就職出来るまで、節約しないとです。

5年前に、義理の両親が、老後破産した時の事を 思い出して書いております。今は前向きに過ごせるようになりました。

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

参加しています
↓ 良かったら、クリック応援お願いします。
スポンサーリンク
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
LOHACO
楽天
月別アーカイブ
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ランキング