厚生年金を受給していても、貯金が無いという話しを聞いて①



ご無沙汰のブログです。

急にパートを始めて、自分の自由な時間が少なくなりました。


ブログを止めようかな?とも考えておりました。


一時的ですが、生活に余裕が出来たからです。

義理の両親のことを考える時間が、少なくなりました。



けど、親友から話しを聞いて、

ブログで、どうしても話したいと思ったことがあります。



私には、義理の両親の破産のことを

唯一、包み隠さず相談出来た親友がいます。

その彼女が、私に話しを聞いてほしいことが

あると、遅い仕事の帰りに、家に。



彼女は私がブログをしていることを知っています。

「絶対読みたいくないから」と、笑っていいます。


その彼女が、ブログに書いても良いからと

話しをしてくれました。

親友の義理の両親のことです。



私と彼女は似ている状況で、結婚しています。

お互い、次男と結婚して、義理の両親と別居しています。

そして、義兄が独身で、一人暮らしをしているのです。



違うことは、私の義理の両親は

国民年金の受給で、月6万台の収入しかないこと。


彼女の義理の両親は、

厚生年金の受給で、月30万円位だそうです。



最近、彼女の義父が入院して、衝撃の事実を知ったそうです。


それは義母から、旦那さんへ

「貯金が全くないからどうしよう?」と言われたそうです。


厚生年金を受給していて、貯金が無い方もいらっしゃると思いますが、

彼女の義理の両親は

どうしてかと言うと・・・



義兄へ、数十万単位で、年に何回も送金していたそうです。

これまた、私もビックリです。


親が、子供に仕送りをしている話しを聞きますが、

50歳を過ぎている、独り暮らしの義兄へ

年間100万円近く、送金していたなんて。


彼女は落ち込んでいました。

私はただ、うんうんと話しを聞いてあげることしかできなかったです。


彼女をどう励まして、良いのか・・・。

私のように、体調を崩さないで欲しいです。


そして、彼女がとった行動は私に似ていました。


また、後日話しをさせて下さい。






老いた両親に仕送りをしなければならない私たち。

老いた両親が、独り暮らしの50歳すぎの子供へ仕送りを続けている人も

いると知ったのです。



久しぶりの投稿でご心配をお掛けいたしました。

最後まで、お読み頂いてありがとうございます。



スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
ブログへお越し頂いて、ありがとうございます。

親への仕送りがきついのに、パートを辞めてしまいました。再就職出来るまで、節約しないとです。

5年前に、義理の両親が、老後破産した時の事を 思い出して書いております。今は前向きに過ごせるようになりました。

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
スポンサーリンク
月別アーカイブ