厚生年金を受給していても、貯金が無いという話しを聞いて②



2月に入りましたね。

パート先の仕事が、忙しくなり、短時間勤務の人も

フルタイムで働いています。



私も子供の学校への迎えの時間近くの5時まで

働いて、終わらない仕事を1週間位持ち帰りしてました。


今日から持ち帰える仕事が無くなり、

自分の時間が出来ています。


昨日頂いたお給料、自宅分 5,000円と

給与明細に書かれてありました。

子供の迎えで、皆より早く上がらせて貰ってるのに

嬉しかったです。

時給は最低賃金でも、家族経営の会社の

良いところかなと思いました。



今週も1日しか、お休みがなくて、

こんなに働らくのは久しぶりです。



来週からは仕事が減るので、週2.3日

休んでくださいと。

そこは大きな会社との違いでしょうか。





前置きが、長くなりましたが

前回の話しの続きをさせて下さい。



親友の義理の両親の話しです。

彼女の義理の両親が、厚生年金を受給していたのに

貯金が無かったのか・・・。



10年位前に、さかのぼりますが、

彼女が、最初に気がついたのは、義父から住宅ローンの

支払いをして欲しいと言われたそうです。



同居でもないのに、何故?と思ったそうです。

そして、返済表を渡されて、驚いたのは

ローンの名義が、旦那さんになっていたそうです。



つまり、50歳を過ぎてから、家を建て替えた際に

ローンが通らず、成人していた息子(彼女の旦那さん)の名前で

住宅ローンを組んでいたそうなのです。

それも次男の息子にです。



退職金が底をついたから

残りの5年近くを払って欲しいと。

金利が、上がるので何とかしてほしいと。


彼女が悩み、出した答えは「払いたくても、払えません」


立派だと思いました。


そこで払ってあげなくても生活出来る位、年金を

貰っていると彼女は計算してました。



そして、5年前にローンが終わっているから

貯金していてくれてると思っていたそうです。



なのに、今回の義父の入院で、貯金が無いことと

その理由が、義兄への仕送りだと聞いたそうです。



彼女はそれを聞いて、旦那さんを責めたそうです。

その責めた理由は、

「お金がないからどうしよう?」と相談して来た義母に、

「どうしよう?」と言葉を返した旦那さんになのです。



彼女は日々、介護に疲れていた義母が

これ以上、心配したら、病気になると思ったそうです。



そして、後から「私たちが何とかするから」と伝えたのです。



彼女の取った行動は5年前の私と同じ行動です。

なので、余計心配になるのです。



義兄への仕送りは

フリーランスで働いていたのに、病気をして

入院をしていたからだそうです。

その後も、収入が不安定になっているそうです。



他人の私がとやかく言うことでないのですが、

どうして、無謀なローンを組んだのでしょうか?


大企業から貰った退職金を使い切ったのでしょうか?



ただ、彼女の義理の両親は

厚生年金を貰っているので、破産はないと思います。

そこだけは、我が家とは違うのですが。



遅い時間になりましたので、

また後日。

お読み頂いて、ありがとうございます。




スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
ブログへお越し頂いて、ありがとうございます。

親への仕送りがきついのに、パートを辞めてしまいました。再就職出来るまで、節約しないとです。

5年前に、義理の両親が、老後破産した時の事を 思い出して書いております。今は前向きに過ごせるようになりました。

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
スポンサーリンク
月別アーカイブ