介護の助成金を調べています



こんにちは。


昨日は、仕送りの増額を聞いて

元気が無く、ご心配をお掛けしました。



仕事の方ですが、

体調が悪くて休んでいた方が、

今日から復帰されて、通常の勤務に戻れそうです。



従業員が、少ないので、

1人が長期に休むと、負担が大きいのです。

小さな会社だと、仕方ないですね。








話しは変わりますが、介護の助成金があると教えて頂いて

私の住んでいる地域にも

在宅介護支援という制度があるそうです。


勤務先の地域は、要介護3になると

申請用紙が送られてくるそうですが、


私の住む地域には、残念ながら

案内だけなのか、気が付きませんでした。

義理の両親の所に届いているので、

詳しく読んでいなかったようです。



私の住む地域ですと、月8,000円位支給されるそうです。

もう少し良く調べてみたいと思っています。



色々な助成金があるようですが、

義父は非課税世帯でないので

(ブログの最初の方で説明させて頂いてます)

そこが、ネックなのです。


前向きに考えていけたら良いのに。

どうしても考え方を変えられない自分がいます。




スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント

長子は愛玩子?

興味深く読ませていただいてます。私はもう親御さんに近い年ですかね。今は年金をちゃんとかけていても定年後無年金なんですよ。我が家も定年ですが無年金です。どうすりゃいいのか、、。
仕送りとかえらいなあ。私は断る、たぶん。
その状態で お中元、お歳暮はない。
私は子供に頼むくらいなら行政を頼むと思います。
なるべくどちらも頼らないようにしますけど。
このブログを読んで失礼ながら「搾取子と愛玩子」というのが頭に浮かびました。旦那さんとしては長子にしかむけられない愛情の傷、というかだからこそ親の愛を求めて尽くしてしまうという、、勝手な思い込みですが。
尽くしても結局長子が一番だと思います。手に入れられないものだから求めれしまうのかも、、。
勝手なコメントでした。

コメントありがとうございます。

> このブログを読んで失礼ながら「搾取子と愛玩子」というのが頭に浮かびました。

その通りだと思いました。
義兄はお金と愛情たっぷりで育てられたようです。
幼少期の話しを聞いてますので、間違いないです。

主人は大学も行かせて貰えず、
働いてから、給料の半分以上渡していました。
なので、この状況を変えるのは難しいのです。

行政を利用して欲しいのですが、
そうしたら義母が私へどういう態度を取るのか
怖いのです。
その前に主人が許さないのですが。

無年金でも、お子様に頼らないとおっしゃる
無年金者(失礼な呼び方、お許し下さい〕の考え方、
私もそうありたいです。

子供は親の面倒を見るのが、当たり前と言った義父を
どうしても許せなくて。
義母にいつかありがとうって言って欲しい‥‥。

主人もそうかもしれないと思いました。
愛情が欲しいのでしょうか。

私は主人に、私と息子へ愛情を向けて欲しいようです。

ついでに「はっちゃけ」という言葉も

コメントにお返事ありがとうございます。
誤解をさせてすみません。
「無年金」というのは年金行政のはざまに落ちる年齢のためです。
私の世代は定年60歳の条件で就職し、年金が出る予定だったのに定年になったら年金が出ない(65歳から支給に延期)。
中小企業はまだ体制が整わず、定年は60歳のままフォローがないのです。60歳から65歳まで無職・無年金という年金行政の過渡期です。
大企業は違うんでしょうけど。とりあえず仕事は何か探すしかないです。
さて 前回は書きませんでしたが、ブログを読んでいて実は「はっちゃけ」という言葉も思い浮かんだんですよ。
期待されていた子が挫折して圏外にはずれて、
残された子が「ぼくのばんだ」とはっちゃける。
親の期待や愛情が自分に回ってきた気がして頑張るんです。
愛玩子への対抗意識もあるんでしょうかね、、
でも 結局親は本命しか見てなくて便利使いなんです。
搾取子の悲しいところですね。
搾取子は何より親の関心がほしいんで、便利使いされても抜けられないんです。
生意気なことを言ってすみません。
わたしにも思い当たることがあって、、お許しください

次男はっちゃけ病のようです。

はっちゃけ、聞いたことがありましたが、
次男はっちゃけ病と言う言葉があるんですね。

当てはまり、怖くなりました。
自分たちの老後の心配もせず
なんでそこまで尽くすのだろうとは
思っておりました。

特に義母に対して、
私や息子より大事にしているのです。

話しは変わりますが、
無年金の意味を勘違いしてしまい
失礼いたしました。
主人の定年は延長すれば65歳なのですが、
退職金が出ず、その頃には
年金もアテにならないかと思ってます。

無年金様、お体ご自愛ください。
義理の両親を見ていると
健康でいて欲しくて。

コメントありがとうございました。
またアドバイスして頂けると嬉しいです。

もう2つ また余計なことですが

ごめんなさい 読みたくなければスルーしてください。

--------

①「魏実家さえなければ」「魏実家が悪い」と思ってませんか?
違います。問題なのはご主人です。 
いまゆずさんの家庭のお金の問題はご主人の意向によるものです。
もちろん魏実家の「愛玩子」「搾取子」の問題や、偏った愛情・関心の結果で 本当にお気の毒とは思います。
が、家庭を作って妻がいて、
まして育てるべき子供までいるのなら
「魏実家の子供」は卒業するべきです。
自分の家族第一です。
愛玩子・搾取子・偏った愛情・はっちゃけ・経済的依存、、私には理解ができません。
失礼ながら「毒親」と思ってしまします。
そこを言えば「魏実家が悪い」となりますね。
でも ご主人が変わらなければ変わらない気がします。
はっちゃけ・毒親からの脱出は自覚がないと難しいかもしれません。
義実家のほうは優秀なATMを離したくないはずですから

②それからもう一つ、、

(ゆずさんはとても善意にとっていらっしゃいますが)
義兄さんって もしかしたら先に「毒親から脱出」されたのではありませんか?
高給取りでエリートでも
毒親に愛されつつも寄生され管理され搾取され干渉され自由のない生活より
家を出て定収入でも自由な毒親からの独立をされたのでは、、
事情が分かりませんからこれも憶測、、

re: もう2つ また余計なことですが

いえいえ、余計なことでないのです。
ご意見ありがとうございます。

私も主人を変えたいと思っております。
少しずつですが、
私の気持ちを話しています。

最近は義母からのヘルプの電話を
嫌がってきており
主人も逃げ出したくなってきているようです。

義理の両親がこんなことに
ならなければ、良かったのにって
思っておりました。

この状況を許せないって思いながら
ブログでは前向きに書いてしまう。

変わらなければならないのは私のようです。

主人を変えるのは難しいかも
しれませんが、それが出来るのは
私だけですよね。

無年金者様のお言葉ありがたいです。

こんな気持ちなので、ブログが進まないのです。


無年金者様を始め、このコメントを見て頂いてる方で
ご心配をお掛けしていたら、すみません。

また状況が変わりましたら、ご報告させて下さい。
ありがとうございます。
スポンサーリンク
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
ブログへお越し頂いて、ありがとうございます。

親への仕送りがきついのに、パートを辞めてしまいました。再就職出来るまで、節約しないとです。

5年前に、義理の両親が、老後破産した時の事を 思い出して書いております。今は前向きに過ごせるようになりました。

このブログが、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
スポンサーリンク
月別アーカイブ